返還手続(返還免除制度・返還猶予)

日本学生支援機構奨学金返還説明会について

返還説明会は行いません。本年度で貸与が終了する奨学生は、下記の日本学生支援機構ホームページの返還についての動画及び配付された「返還のてびき」を熟読し、不明な点等があれば、本部奨学厚生課奨学チームまで照会してください。
返還を始める皆さんへ(動画)


大学院第一種奨学金に係る返還免除制度について

 大学院第一種奨学金の貸与を受けた学生を対象とする「返還特別免除制度」は、平成15年度採用者をもって廃止になりました。
 平成16年度から、大学院第一種奨学金の貸与を受けた学生で、本年度中に貸与が終了する学生を対象に「特に優れた業績による返還免除制度」が実施されています。 この制度は、在学中に特に優れた業績をあげた者を、各研究科長等を経由のうえ、東京大学が推薦し、日本学生支援機構が認定した場合に、課程別対象者の上限3割までが奨学金の全額または半額の返還が免除されるというもので、免除の該当者には、2019
年6月下旬頃に日本学生支援機構から「認定証」が送付されます。

 大学院においては、課程の趣旨・目的や学生の専攻分野に係る教育研究の特性に配慮し、大学院における教育研究活動等に関する業績、及び専攻分野に関連した学外における教育研究活動等に関する業績に基づき、初めに、本学の各研究科等で返還免除候補者の選考が行われ、引き続き、東京大学奨学金返還免除候補者選考委員会の審議を経て、日本学生支援機構に推薦されます。

  申請方法・申請締切などの詳細については、所属の研究科(専攻)等の奨学金担当係にお問い合わせください。

平成30年度日本学生支援機構「特に優れた業績による返還免除」の申請について
平成30年度版業績優秀者返還免除申請書(様式1-1)(様式1-2(様式1-3)エクセルファイル[EXCELファイル63KB]
            (記入要領)  (記入上の注意

 ※申請にあたっては必ず当該年度の申請書を使用して下さい。当該年度以外の古い申請書を
   使用した場合、申請を受け付けられませんので、ご注意ください。

【参考】

東京大学奨学金返還免除候補者選考規程(平成16年12月7日東大規則第258号)

東京大学奨学金返還免除候補者選考委員会規則(平成16年12月7日東大規則第259号)


返還猶予について

 大学に在学しているため返還期限の猶予を学校へ申請する「在学猶予」と大学を離籍後に返還が困難なため猶予を日本学生支援機構へ申請する「一般猶予」があります。詳細は「返還のてびき」で確認してください。
 

在学猶予について

 「在学による返還猶予の手続き」のページを参照のうえ、申請してください。
 

一般猶予について

 卒業・修了・退学後、奨学金の返還が困難になった場合は、下記日本学生支援機構ホームページを参照のうえ、「奨学金返還期限猶予願」に証明書を添付して、各自で直接日本学生支援機構に申請してください。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/todokede/index.html
 


教育又は研究の職に係る返還免除について(平成15年度以前に大学院第一種奨学金採用者が対象)

  現在は廃止されている制度で、対象は平成15年度(2004年3月31日)以前に大学院の第一種奨学生に採用となり、奨学金の貸与を受けた方です。詳細・手続きについては、「返還特別免除のてびき」を参照し、不明な点は日本学生支援機構返還免除課へ直接照会してください。

カテゴリナビ
アクセス・キャンパスマップ
閉じる
柏キャンパス
閉じる
本郷キャンパス
閉じる
駒場キャンパス
閉じる