日本語 English

就職に必要な在留資格

留学生が卒業・修了後も引き続き日本に滞在する場合は、現在の在留資格を、それぞれ該当する種別の在留資格に変更しなければなりません。 
変更の手続きには、通常1-3か月かかります。
手続きの方法や必要書類を事前に調べ、早めに準備を勧めましょう。
不明な点や、詳細は、出入国在留管理庁ホームページで確認してください。
出入国在留管理庁ホームページ:http://www.immi-moj.go.jp/
出入国在留管理庁 在留資格一覧表 http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/kanri/qaq5.html

1) 卒業後に働くための在留資格
卒業後の仕事の内容に合わせて、適切な在留資格に変更する必要があります。
会社等に勤務する場合に多い在留資格は「技術・人文知識・国際業務」です。「研究」となる場合もあります。
大学などの研究機関で研究職に就く場合は、「教授」や「研究」になることが多いです。
詳細については、以下を参照してください。
*「在留資格の変更」>https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/job/guide.html

2) 卒業後に日本で就職活動を続けたい人の在留資格
留学などの在留資格から、「特定活動(継続就職活動)」への変更が必要です。
詳細→https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/inbound/ja/life-visa-gr.html

3) (秋卒業者向け)卒業から入社までの期間の在留資格
詳細は、https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/inbound/ja/life-visa-gr.htmlの「特定活動(就職内定者)」を確認してください。

【在留資格(ビザ)について】
https://www.u-tokyo.ac.jp/adm/inbound/ja/life-visa.html