日本語 English

防災情報

防災

日本は,地震,火山活動が活発な環太平洋変動帯に位置し,世界の0.25%という国土面積に比較して,地震の発生回数や活火山の分布数の割合は極めて高いものとなっています.また,地理的,地形的,気象的諸条件から,地震や津波に加え,台風,豪雨,豪雪等の自然災害が発生しやすい国土となっています. 災害時の被害を少なくするためには,防災について知ることが大切です
内閣府日本の災害対策 http://www.bousai.go.jp/1info/pdf/saigaipamphlet_je.pdfより引用)
 

自然災害について

地震

地震は日本で最も多く発生する自然災害の1つで,1年あたり約1500(1日2~3)回発生しています.地震は何の前触れもなく起こりますので,日頃から備えておくことが大切です.


大雨・暴風・台風等

日本では,季節の変わり目に全線が停滞し,大雨を降らせることがあります.特に7月から10月にかけては,台風や前線の影響で,大雨や暴風による自然災害が発生しやすい季節です.近年はごく狭い範囲に短時間で強い雨が降る集中豪雨や局地的大雨も多発しており,建物への浸水や道路の冠水被害なども発生しています.これらの災害から身を守るために,気象庁が発表する防災気象情報に注意するとともに,災害に備えた早めの準備を心掛けるようにしてください.また最新の情報は、テレビ・ラジオなどでも確認できます。日本語以外の言語で状況を把握する際には、NHK World などでも確認できます。

*多言語での災害関連ニュース等の確認 :NHK World


地震・台風等の緊急の状態による大学の休講の確認の仕方

地震・台風等の緊急の場合の休講情報は、各学部・研究科ごとに確認して下さい(ウェブサイトで案内がされる場合もあります)。専攻・プログラム・研究室等の個別の指示がなされる場合もあります。緊急の場合にどのように休講情報が案内されるか、事前に確認をしておきましょう。情報が得られない場合、気象情報・交通情報を各自確認し、まず身の安全を最優先して無理をしないようにしましょう。

各学部・大学院の情報はhttps://www.u-tokyo.ac.jp/ja/students/reference/taifu.htmlで確認ができます。
 

地震への備え

事前の備え

大使館で連絡先を登録

・義務ではありませんが、大規模災害などの緊急事態時に連絡が取れるように、自国の大使館や総領事館にて、あなたの日本での所在を知らせておくことが望ましいです。国によって登録方法は様々ですが、直接大使館に行ったり、電話をするだけで緊急連絡先登録の手続きができることもあります。

家の中
・家具を転倒防止器具で倒れないよう固定する。
大家さんや管理人さんに断わってから、転倒防止器具で倒れないようにしておいてください。転倒防止器具はデパートやホームセンターで買うことができます。特に本棚や重いものが入っている家具は、中が崩れて落ちてこないようにしっかりと留めてください。
・大切なものを一箇所にまとめておく。パスポートなど大事なものは、すぐに外へ持ち出せるようにしておく。
・家の中で一番安全な場所を確認しておく。柱の多い所(例.トイレ、お風呂場等)、重い物が落ちてこない所、丈夫な家具(テーブル等)の下が比較的安全です。

日本で一緒に生活している家族のこと
・家族の中で、緊急時の集合場所を決めておく。
・子供の学校や幼稚園に、あなたの緊急連絡先を事前に伝えておく。

避難するときのために
災害発生時に避難が必要となった場合、居住地域ごとに決められた避難所へ避難します。自宅が倒壊しそうな場合や市役所・消防・警察から避難の指示があった場合は、両手が空くように荷物を背負い、歩いて避難所へ移動します。住んでいる地域の「広域避難場所」を事前に確認しておきましょう。市・区役所には、避難場所や地震についての情報が書いてあるパンフレットがあります。読んでおいてください。 


地震が来たら

まず
・火を使っていたら火を消し、ガスの元栓など火の元を止める。
・窓やドアを一箇所は開けて、出口を確保する。
・ガラスの破片を避けるため、窓などから離れる。
・丈夫な机などの下や戸口の側柱に身を寄せる。
・落下物があり危険なので、屋内にいる場合はあわてて外に出ない。
・屋外にいる場合は広くて安全な所に行く

避難する時の注意事項
最初の大きなゆれがおさまっても、しばらくは余震が続くことが多いため、家に入らない方が良いでしょう。近所の人と助け合って、できるだけ安全な場所に避難します。

・壊れたガラス等が散乱していると足元が大変危険なので、靴をはく。
・座布団やクッション等で頭を保護する。<
・煙が出たら、濡れタオルを鼻に当てる。
・エレベーターは使わない。
・ラジオをよく聞き、正しい情報を手に入れる。
・車で避難しない。
・落ち着くこと。

※地震直後は、電話を使う人が集中するので、電話は使えないかもしれません。身の安全が確保できたら、母国の家族・大学(学部・研究科など)へ、あなたの安否を連絡してください。


学内にいるときに大きな地震が起きたら

・学内で震度5弱以上の地震が発生した場合、各自が自分の身の安全を確保し、揺れが収まったら教員や職員の指示に従い行動してください。
・一次避難場所は建物ごと、二次避難場所は部局(学部・研究科等)ごとに指定されています。
・ 交通機関はストップし、また火災等の危険もあるため、基本的には帰宅せず一旦学内に留まってください。
・ 震度6以上の地震による揺れが発生した場合、本学応急危険度判定組織が学内の建築物の安全性を調査し、判定結果を建物の見やすい場所に掲示することになっています。判定結果が掲示されていない建物にはむやみに立ち入らず、部局(学部・研究科等)災害対策本部の指示に従ってください。
・ 学外でも部局(学部・研究科等)災害対策本部からの指示があった場合には、それに従うようにしてください。


緊急地震速報 (EEW)

緊急地震速報は、震度4以上の地震が起きることが予想される場合にのみ通知されます。緊急地震速報が対応しているかどうかは、使っている携帯電話会社や電話の機種によって異なります。キャリアの緊急情報以外にスマートフォン向けアプリもあります。
緊急地震速報に関する詳細な情報:http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/


災害用伝言ダイヤル、災害用伝言板

災害用伝言ダイヤル Tel: 171
災害用伝言ダイヤルは、地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始されます。
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/


災害用伝言板
災害用伝言板とは、震度6弱程度以上の地震などの災害発生時に、携帯電話で安否情報を登録することが可能となるサービスです。

https://dengon.ezweb.ne.jp/service.do?p1=dmb261 (au)
https://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/disaster_board/index.html (docomo)
https://www.softbank.jp/mobile/service/dengon/boards/howto/ (Softbank)

参考:地震の際の災害時伝言版等の登録方法(英語:東京都)

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/foreign/english/bousai/2000010/index.html


自然災害に関連した役立つリンク集

役立つ情報リンク一覧

日本の災害対策 http://www.bousai.go.jp/1info/pdf/saigaipamphlet_je.pdf (内閣府)

防災多言語マニュアルなど 
東京防災 
http://www.metro.tokyo.jp/ENGLISH/GUIDE/BOSAI/index.htm Disaster Preparedness Tokyo 
http://www.metro.tokyo.jp/CHINESE/GUIDE/BOSAI/index.htm 防灾手册《东京防灾》
http://www.metro.tokyo.jp/KOREAN/GUIDE/BOSAI/index.htm 방재책자 '도쿄방재'

東京都防災マップ http://map.bousai.metro.tokyo.jp/en/pc/
東京都国際交流協会 http://www.tokyo-icc.jp/guide_eng/kinkyu/05.html (English)
外国人向け多言語携帯・緊急カード(愛媛県国際交流協会)http://www.epic.or.jp/kurasu/disaster.html
・Emergency Card for Non-Japanese Speaker English version
・Kartu Darurat Indonesian version
・紧急卡片 Chinese version 中文
・긴급 카드 Korean version 韓国語
外国人向け災害情報配信アプリ:Safety tips  http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000234.html
・地震!その時10のポイント 
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/eng/119/119-06.html
・地震に対する10の備え 
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/eng/119/119-05.html

気象情報等
気象情報[台風等]:気象庁 http://www.jma.go.jp/jma/en/menu.html
地震情報:気象庁 http://www.jma.go.jp/en/quake/
津波情報:気象庁 http://www.jma.go.jp/en/tsunami/
東京消防庁 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/eng/119/119-06.html


地域情報

東京都 
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/index.html (Japanese)
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/english/index.html (English)

文京区(本郷キャンパスエリア) http://bousaiweb.city.bunkyo.lg.jp/news/other/documents/bunkyoukubousaikeihatugaikokugoban.pdf

目黒区(駒場キャンパスエリア)
http://www.city.meguro.tokyo.jp/multi/index.html (English)


柏キャンパスエリア情報
柏キャンパス周辺の災害・緊急情報は以下をご参照ください.

柏市防災対策 http://www.city.kashiwa.lg.jp/living/safety/disaster/index.html
柏市防災メール(多言語メール配信事業) http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/400100/p021375.html

流山市防災対策 http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/1003604/index.html
流山市防災メール(安心メール) http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/1002704/1002705/1002707/1002710.html

柏キャンパス防災マップ: 別タブで開く