日本語 English

ビザコンサルティングサービス

本学では、外国人研究者や留学生の皆さんの、在留資格等に係るさまざまな質問に迅速にお答えするため、また、外国人研究者を招へいする本学教職員の利便を図るため、平成18年11月から、ビザ・コンサルティング・サービス(在留資格関連業務)を提供しています。また、アメリカビザ申請のための相談をすることもできます。

(Updated: 2020/4/8)
新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、対面実施を当面の間停止しています。申請書類のチェックや相談については、メールや電話でお問い合わせください。代理申請については、以下の案内をご確認ください。
・利用方法(日本語・英語併記)
・代理申請の郵便受付について

(Updated: 2020/4/27)
在留資格の更新/変更を申請し、許可の通知が入管から来ているが、入管での在留カードの受取りを代理で依頼したい場合には、ビザコンサルティングサービスにて受領代行サービスを提供しています。詳細は以下の案内をご覧ください。
・在留カード受領代行サービスのご案内

メールや電話での問い合わせを受け付けています。
■ 行政書士法人IMS
電話:03-5402-6191
メール:todai-visa-support@attorney-office.com

・2020(令和2)年度開設日

・開設場所
本郷キャンパス:理学部1号館東棟1階 Go Global センター
駒場キャンパス:教養学部アドミニストレーション棟1階
柏キャンパス:柏キャンパス環境棟 1階125号室

在留資格に関する申請書類など(学外のウェブサイトにリンクします)
■出入国在留管理局(2019年4月より名称変更)への申請様式はこちら

平成24年7月9日より、新しい在留管理制度が始まりました。

平成22年7月1日より、改正入管法の一部が施行されました。

新しい出入国審査(自動化ゲート)について 自動化ゲートを使用した場合は、申し出がない限り、パスポートに出入国の証印が押されませんので、証印が必要な人は,その場で証印を押してもらってください。

ESTAについて:ビザ免除プログラムを利用して渡米する人へ
※2011年3月以降にイラン・イラク・スーダン・シリア・リビア・ソマリア・イエメンへの渡航歴のある方は、ビザ免除プログラムを利用しての渡米ができません。詳細はこちら[日本語][英語English